自動車 引越し

自動車の引越しについて

自動車がある場合の引越しはどうすれば?お勧め一括見積もりサービスはコチラ


自動車がある場合、引越しの際はどうしたらよいのか分からないという人もいます。
ここでは自動車の引越しについて考えてみましょう。

 

自動車の引越しはどうすればいいの?

自動車の引越しは近距離の場合は自分で運転すればよいでしょう。
自動車にある程度荷物を入れて新居まで移動できるのであれば、
引越し費用も安く抑えることができます。

 

引越し業者のトラックに自動車を積みいれるということは不可能ですので
自分で運転をしていく方法が一般的です。
ただ長距離の移動や、海を超える場合などは
自動車を運転して移動させることはできませんので、
自動車輸送を専門に扱う業者に依頼する必要があります。

引越し業者の中には自動車の輸送をオプションとして追加できるところも多いです。

この場合は引越し業者と提携している自動車輸送を
専門に扱う業者に自動車を輸送してもらうことになります。
契約などの手続きは引越し業者と行えばよいですので、
引越し業者とは別に自動車輸送の専門業者に連絡をして
依頼するよりも手続きの量が減り、楽でしょう。

 

引越しに伴う自動車輸送はいったいどのくらいの日数がかかる?

引越しに伴う自動車輸送は陸続きの同一県内や
隣の県くらいの距離であれば早ければ即日、
遅くても翌日にはついています。
ただ東京〜沖縄、大阪〜沖縄などのフェリーを使用した
長距離海上移動がある場合には1週間程度は
輸送に時間がかかってしまうこともあるでしょう。

 

自動車の輸送はいったいどのくらいの料金がかかるの?

自動車の輸送料金は、移動手段によって料金が全くことなります

陸送で輸送するケース、船を使用するケースなどがありますが、
一般的に東京〜大阪間の陸送で20000円〜50000円程度、
東京〜福岡間の輸送で3万円〜7万円程度、
東京〜沖縄で5万〜10万円程度の費用がかかります。

 

自力で運転して移動する場合でも、ガソリン代や高速費用は掛かってきます。

 

自動車がある場合の引越しはどうすれば?お勧め一括見積もりサービスはコチラ

 

自動車の引越しを安くするには?

自動車の輸送は大きいですし、距離もあれば費用も高くなってしまいます。

できるだけ安い料金で輸送してもらいたいのであれば
まずは引越し見積もり一括請求サイトを利用するとよいでしょう。
引越し見積もり一括請求サイトにはオプションの欄に
自動車輸送というチェック項目がありますのでその欄にチェックをして
備考欄に車種などを記入しておけば、
自動車の輸送のオプションを追加した見積もりを請求することができます。

 

引越し業者によってはオプションと通常に
引越し基本料をまとめて割引してくれるケースもあります。

引越し見積もり一括請求サイトを利用すれば1回の請求で
最大10社から引越し費用の見積もりを請求することができます。
10社程度の見積もりを見ればどこの業者が安く、
どこの業者が高いのかが一目瞭然です。

 

また10社ではたりないと感じるのであれば
引越し見積もり一括請求サイトにいくつか登録して、
20〜30社の見積もりを請求してみるのもよいでしょう。
見積もりを比較して最安値の見積もりはしっかりと覚えてとっておくようにしましょう。
その金額を提示して値下げ交渉を行えば
引越し費用や自動車の輸送費用を安くすることができます。

 

早割やネット割引をする引越し業者もある

引越しが決まったらできるだけ早く
引越し見積もり一括請求サイトを利用してみましょう。
直前に引越し業者を決めてしまうと値下げ交渉をしづらいですし、
金額も高くなってしまいます。

早く契約をしておけば早割やネット割引をうけるチャンスがありますよ。

 

自動車の引越し後は各種手続きも忘れずに

引越しが終った後には自動車に関する手続きがいくつかありますので
忘れずに早めに行っておくことをおすすめします。

自動車に関連する手続きには、運転免許証の住所変更、
車検証の住所変更手続き、
ナンバープレートの変更などをしなければなりません。
運転免許証の住所変更は運転免許更新センターや
最寄りの警察署ですることができます。
その際に新住所を確認できる住民票などの
書類が必要になりますので用意をしておきましょう。

 

車検証の変更手続きには自動車保管場所証明書が必要です。
これは車庫証明書のことであり、1ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。
車検証の変更手続きは陸運局で行うことができます。
車検証の手続には検査登録印紙代や車庫証明書紙代で
3000円程度の費用もかかりますので注意が必要です。

 

また管轄する陸運局が引越しに伴って変わった時には、
陸運局へ車両を持ち込んで
ナンバープレートを変更する必要もあるのです。
ナンバープレート変更には5000円程度の費用がかかります。
自力で車検証の変更を行う方法以外にも
ディーラーなどに委託するのもOKです。

自分で車検証を変更する場合には、新住所を管轄している陸運局は
どこになるのかを事前に確認しておくと手続きがスムーズに行えますよ。
ただ手続きが面倒なのでディーラーなどに委託する人も増えています。
委任状があれば代理人での手続きが可能です。

 

自動車がある場合の引越しはどうすれば?お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。